お金

投資信託を行なうなら証券会社を比較するのだ

お金

仕組みやコスト

ここ数年、少額から始められる、積立投資信託が注目されています。これは毎月決まった額でファンドを購入する方法ですが、自動的に積み立てれられる仕組みを作ることで、長期間続けることができます。また投資信託を購入するときは、継続コストと一時的コストを考慮すると良いでしょう。

スーツの人

人気が上がっています

海外fxは大変高い人気となっています。レバレッジ規制などの関係で、海外fxを利用する方が増えてきているのです。ランキングサイトには多くの証券会社がランキングされていますから、それらを参考にして信頼できる証券会社を見つけましょう。

男性

キャッシュバック

海外FX業者に口座開設をするとレバレッジ規制のないfx取引を行うことができます。ハイレバレッジの取引で短期間で一攫千金を手にすることもできます。またキャッシュバックサイトを利用することにより取引コストを抑えることができます。

ネット証券を比べよう

ウーマン

ネット証券がおすすめです

投資信託を始めるときに大切なのが、窓口選びではないでしょうか。特に積み立て投資信託を行いたいと考えている場合、おすすめなのがネットの証券会社です。ネットの証券会社は、コストのかからないノーロード型インデックスファンドを取り揃えています。また3つ以上の異なった資産でのノーロード型インデックスファンドを取りそろえているので、ポートフォリオを組ことができます。そして最も大切なのが、ファンド購入資金を給与口座から自動的に引き落とすことができるのです。以上の特徴を持つネット証券会社は、積み立て投資信託を行うには向いている窓口なのです。そしてネット証券会社にはいくつかの会社がありますが、それぞれの特徴を比較して自分に合うところを決めると良いでしょう。

それぞれの会社を比べよう

積み立て投資信託ではネット証券会社を利用するのが良いですが、それぞれの会社を比較して自分に適したところでファンドを購入すると良いです。比較するポイントはいくつかありますが、最も重要なのが購入単位ではないでしょうか。ネット証券会社の購入単位を比較してみると、1万円以上千円単位の所もあれば1万円以上1円単位の会社もあります。またもっと手軽に千円以上1円単位で受け付けている証券会社もあります。もし投資初心者で少額から始めたい場合は、千円単位の会社を選ぶのがおすすめです。また引き落とし日の設定も証券会社によって異なっています。日にちが決まっている会社もあれば、自分で引き落とし日を設定できるところもあります。給与口座から引き落とすことを考えて、資金に余裕がある日に引き落とせると良いかもしれません。