仕組みやコスト|投資信託を行なうなら証券会社を比較するのだ
ウーマン

投資信託を行なうなら証券会社を比較するのだ

仕組みやコスト

お金

仕組みを作ろう

ただ貯金するだけでは将来に不安を感じてしまう方がいるでしょう。そのような方は貯めるだけでなく、貯金を増やすことも視野に入れてみることが大切です。そんなときにおすすめなのが投資信託であり、最近が積立式のものもあります。しかし毎月毎月投資信託を購入するのは、面倒ではないのかと思っている人も少なくありません。確かに自分の意思で投資信託を購入すると、その行為自体が重荷になることがあります。そのような場合は、自動的に積み立て投資ができる仕組みを作ってしまえばよいのです。月に1回給与として金融機関に振り込まれる口座から、自動的にお金を引き落とし、その引き落としたお金で投資信託を購入する仕組みを作れば、あとはほったらかしでも投資が続けられます。このような仕組みを作るためには、ネットの証券会社を利用することがおすすめです。

コストを考えよう

投資というとまとまったお金が必要というイメージがありますが、少額を毎月積み立てて投資する方法もあります。それが積み立て投資信託です。証券会社にもよりますが、ネット証券会社の中には毎月1000円から積み立てられるところもあります。ところで投資信託を始めるにあたり、考慮しなければならないことにコストがあります。コストには大きく分けて2つあり、継続コストと一時的コストがあります。継続コストは信託報酬とも呼ばれ、ファンドを保有している限り支払い続けるコストのことをいいます。つまり名目上の収益から信託報酬分のコストを差し引いたのが、実質的な収益となります。一方で、一時的コストとは申し込み手数料のことをいいます。手数料が不要な商品を選べば、掛け金をまるごと投資に回すことができるのです。